2007年06月15日

「きみある」プレイ感想2

美鳩以外のキャラはすべてクリアしたので感想第2弾を書こう・・・と思ったんですが、内容あんまり覚えてないorz

やっぱりクリアするごとに書いておくべきだった・・・。

まぁ、適当感想で・・・。(シナリオのネタバレは書かないつもりですが一応ネタバレ注意

・森羅ルート
メイン?なだけあって夢ルートとはシナリオの内容も量も全然違いました。個人的に中盤の話が微妙だったけど終盤はよかったかな。小十郎の出番が少ない(というか出てない?)のでちょっと寂しかったかな。
朱子「森羅様のSっ気はアタシを4万2000としたら53万はあるわよ。」森羅はフリーザ様ですかw


・朱子ルート
なんかいつのまにやらデレデレになってました。(なごみっぽい感じだった)
正直、内容微妙だったと思うけどキャラが良いので面白かったです。パロネタも結構ありました。
「ずっと私のターン」ネタには笑わざるをえない。某強姦ソングネタがあったのもこのルートだったと思う。(未有ルートにもあった気がするが



・全体的感想
声優をうまく使っていると思う。悪く言えば声優に頼りすぎているとも言えるが。
声帯変化のイベントは面白かったです。ポーカーフェイスロリとかいう言葉は初めて聞きました。夢の中の人も新人なのに意外と頑張ってました。


君が主で執事が俺で 初回限定版
タグ:きみある
posted by ラス at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。