2015年06月24日

グリザイアの楽園 第10話

良い最終回でした。

雄二とテュポーンの戦闘シーンは作画も演技も素晴らしかった。
あと師匠に背中を押される演出とかも良かったです。

そして最後のオチで一姫の腕の話したのも原作プレイヤーとして嬉しい。

いやー、1クールで迷宮と楽園やるとか最初はどうなる事かと思いましたが、上手く纏めてくれましたね。
尺の都合でどうしてもカットされてしまう部分がでてきてましたが、その代わりにテンポが良くなってアニメとしては良くなってたような気がします。

真オスロなんて最初からいなかったんや!

まぁ、迷宮部分をもうちょっと丁寧にやって欲しかったという気持ちもあるんですがね。

本当にあっという間に終わってしまったという感じですね。もう一姫を見れないのか・・・。
posted by ラス at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。